TOP > Security BOSSで解決 > 導入している対策で大丈夫なの?
Security BOSSで解決
導入している対策で大丈夫なの?
情報セキュリティ対策の改善サイクル

企業や組織における情報セキュリティ施策の目的は、情報資産を守ることです。
情報資産を守るには大きく分けて、機密性(侵入や流出からの保護)、完全性(改ざんなどの防止)、可用性(いつでも利用できる環境)を確保することが望ましいとされています。


一般的にウィルス対策や情報流出対策など機密性だけに話題が集中しがちですが、利用する情報が正確で、完全でなくては意味がありませんし、どんなに完全な情報でも認可された利用者が必要なときに情報及び関連する資産にアクセスできなくては情報資産としての価値がありません。


今実施している対策が万全かは、上記三つの目的をはたしているかを検証してみると良いでしょう。


また、現在導入している対策が万全だとしても、「PDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクル」(継続的な改善サイクル)を常に回し続けなければ、現在の情報セキュリティレベルの維持・向上は困難です。


NTTPCでは、情報セキュリティ対策の改善サイクルに従い、現状の把握から、導入、運用、管理、そして定期的な診断まで、トータルにマネジメントすることによりお客さま環境の維持・向上を強力にバックアップいたします。

資料請求

「フレッツ」はNTT東日本・西日本の商標または登録商標です。
本ホームページに記載されている会社名、サービス名、商品名は、 各社の商標または登録商標です。